2006年04月20日

パソコンによる、良くある症例

当院に来られている患者さんの症例集です。
パソコンによるストレス、昔は珍しかった「タイピスト症候群」
色々な症状がでてしまうので、ほうっておくと大変です。
タイプも色々あります。

重症になるとシビレや内臓疾患、脳の病気などになる時もあるのであまく見れないですね。


※ 29歳男性  職業 パソコン関係 ※

主訴
体の歪み、腰痛、家族に勧められ来院。右膝を痛めてから痛くなってきた。

状態   
パソコンのマウス操作によると思われる右腕の捻れと力み仕事中の不良姿勢により、常に内臓(特にみぞおち辺り)を圧迫している状態。
猫背になるのでアゴが突き出した様になるが、肩こりの自覚は無し。



施術プラン
主訴が腰なので、背中や足などの緊張や筋肉の癒着をできる限り解除して動作の際の腰の負担を減らし痛みが出ている部位へ血液を送ることを最優先で行います。
骨格の調整は筋肉の緩み具合と年齢等を考慮し、初回に骨盤のみ調整。
上肢の歪みが強く、内臓の状態が良くない為説明を行い、通院を勧める。

経過
2回目で内臓メインのアプローチにより施術を行う。
3回目で腰痛は無くなり、上肢の施術中心。
4回目で足の歪みと片足で立っている事が気になりだしたとの事なので施術。  
5回目で胸郭の動きが良くなり全身の骨格調整もスムーズ
6回目で全身調整で安定

現在月に一回のメンテナンスで通院中

執筆 大井町カイロプラクティック 宮崎 
*******東京都品川区大井町の整体院*******
JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 大井町駅徒歩5分
肩こり・腰痛・頭痛・自律神経失調症など不快な症状を
筋肉調整・骨格矯正・骨盤矯正・O脚矯正により改善します。


rakis2006 at 20:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!腰痛 | からだの歪み

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

サービス事例