2008年02月01日

介護による腰痛

※ T.S さん 60歳 女性  主婦 ※


来院時の症状
腰の痛みがひどく、身体を曲げて痛みを逃がしていないと激痛が走る。

施術経験
整体、カイロ

状態
在宅介護12年目。
いつも身体の右側で相手を支えているためか、痛みの症状も右半身に出ている。
24時間体制で介護していることもあり、身体が十分に回復する時間も無い。
また、腰が痛くて仰向けで寝ることが出来ない。
触診にて、著しい骨盤のズレを確認。




施術プラン
中背部、腰部、殿部の筋肉に強い緊張があり、腰部に少しでも圧力をかけると過敏に反応し、痛みを訴える。
腰部を直接触ることは難しそうなので、まずは背中の筋肉の緊張を取り、それから殿部の筋肉を緩めて症状の緩和を試みる。
腰部が痛みに対して過敏な状態になっているので、矯正は向かないと判断。
なので、運動療法により骨盤を正常な位置に戻していく。

経過

<1回目>
背筋群、殿筋を中心に施術。
その後の運動療法にて痛みの7割が消失。

<2回目>
5日後に来院。
痛みが消失した状態が継続していて、前回の来院時とはかなり違う様子。
仰向け寝も出来るようになったという。
まだ、階段を降りる時にたまに痛みが走るということ。
腰部の緊張もかなり緩んできたので、痛みを与えないよう更なる緊張の緩和を試みる。

<3回目>
7日後に来院。
ほぼ、症状は改善された様子。
階段を降りる時にも痛みは出ない。
痛みが再発しない為に・・
 ̄親偉屠,嚢盤を整える。
体幹部と下腿部の緊張を緩和する。
重心の位置の調整。
この3つを徹底的に行う。

これ以降、腰痛の再発もなく、体調は安定しています。
腰痛予防、骨格調整、疲労回復として現在2〜3週に1回のペースでメンテナンス中です。

ひとこと
12年間に渡る介護作業で、身体の使い方に独特のクセを持ってしまい、
骨格・骨盤の歪みが生じたようです。
身体の歪みが限界まできたことで、痛みという形になって現れたように思われます。
来院時には悲痛な表情が目立ちましたが、一度痛みが消えてからは穏やかな表情になり、Tさん本来の自然な笑顔が見られるようになりました。
介護作業の際に、体に負担のかかりにくい正しい身体の使い方をして、重心の傾き過ぎを防止することで症状の再発を防ぐことが出来ると思います。


執筆 大井町カイロプラクティック 柳田 
*******東京都品川区大井町の整体院*******
JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 大井町駅徒歩5分
肩こり・腰痛・頭痛・自律神経失調症など不快な症状を
筋肉調整・骨格矯正・骨盤矯正・O脚矯正により改善します。

rakis2006 at 00:10│Comments(0)clip!腰痛 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

サービス事例