2010年12月23日

五十肩


五十肩の患者さんが来院しています。
五十肩は肩の痛みの中では最高の部類です。

この患者さんは年齢的には60歳を超えているので
六十肩って言ったほうがいいのかもですが
この年齢プラス肩は俗称で正式には肩関節周囲炎といいます。
肩の周りの炎症って言うわけです。

この症状は本当に厄介な感じの症状で
なかなか痛みが綺麗に短時間に引くことは有りません。

この方の場合も来院してからすでに5ヶ月ほど経っています。

肩の関節がいたい人はたいてい背中がかなり丸くなっていて
肩の関節が内側に入り込んでいる人が多いです。
全体的に丸まっている感じですね。

やはりご他聞にもれずこの患者さんもかなり体が丸い感じで
背骨が硬くなっていました。

今はかなり継続して来院していただいているので
背骨の動きは出てきていて、状態は安定してきています。

どうしても五十肩などの症状は時間がかかります
この症状の特徴は何もしなくても1年〜2年くらいがまんすれば
ある日治っていることが多いということです。

何もしなくても治るのであれば「整体に行くことない
と思いますが痛みの度合いは完全に違ってきます。

たいていの五十肩の患者さんは寝ていても寝返りで
肩の痛みが強すぎて起きてしまって熟睡が出来なかったりします
しかし整体を受けることで寝られるようになることは多いです。

寝られるようになると疲れも取れやすくなりますから
体の状態は回復の方向にいきやすくなりますからね。

この患者さんは地道な通院に結果で腕の動かせる角度も
ほぼ真上まで動かせるようになって来ました
この調子で行けばなんとか春くらいには完治といいたいです。

なるべく時間をかけないで早く痛みを取ってあげたいのですが
五十肩などはどうしても時間がかかってしまいます。
なかなか人間の体は手ごわいところが多いです。
日々勉強をしていかなければと思います。



gokouhaseyan at 18:27│clip!五香施術院 | 四十肩・五十肩

サービス事例