2011年01月07日

足の重さ

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
五香施術院の長谷川です、今年も頑張っていこうと思います。

さて新年最初の症例は、足がだるいという患者さんです。
良く話を聞いてみると足があげずらくてだるいようです。
腰痛や肩こりではなく最初から足の症例です。

この症例は以前読んだことがある感じの症例(だから良く覚えています)
ひょっとしてそのとうりなら嬉しいな、なんて思いながら
体の状態をチェックしていきます。

やっぱり背骨は硬いところが多くて捩れています。
足の長さは右が短くて左が長い感じです。
ちなみにだるさの出ている足は左足です。

まずはきっちりと体のバランスをとってあげます。
背骨の状態を動きやすくして左のお尻の筋肉を緩めます。

その状態で体のバランスをチェックします。
骨盤の状態も良くなり、足の長さも揃っています。
背骨の動きもいい感じになっています。
この状態で体を動かしてもらいます。

どうやら半分くらいいい感じのようです。

そしてここからが私が以前本で読んだポイントをチェックです。
とりあえず仰向けになってもらって大腰筋をチェックします。
バッチリ強い圧痛が存在(よしよしっていう感じです)

ちなみに大腰筋は股関節を屈曲させる筋肉です。
(要はモモの付け根から下を持ち上げてくれる)
非常に強力な筋肉です。(腰痛にも結構絡んできます)

そこを2種類のテクニックを使って動きやすくします。
圧痛がなくなったのを確認して再び動いてもらいます。

さっきよりもかなりの改善。
こちらの読みどうりの結果となったありがたい症例です。

ちなみにこの患者さんは5回ほどで痛みがなくなり
卒業していきました。

私の読んだ本には大腰筋が弱くなることで足を持ち上げるのが
困難になって、大腿の前の筋肉つまり大腿四頭筋がその代わりを
しようとするので足がだるいなどという、こんなことが書いてました。

足を上げづらい、足がだるいこの2個でこれかもという
予想が出来たわけです、やっぱり本は読んでおいて損はないです。
しかしこんなに上手くいくことばかりではないのが悩みの種です。


gokouhaseyan at 17:59│clip!五香施術院 | 足の痛み、しびれ

サービス事例