2011年02月21日

顎関節症は、顎の関節生理学が重要です。

当院(錦糸町カイロプラクティック)には顎関節症の患者さんがとっても多いです。

思うに、顎関節症に対応できる整体院やカイロプラクティックが少ないからだと思います。

本日いらっしゃった方は右の顎の違和感。
食事の時の痛みでした。

背骨をみると猫背が強い。
猫背は顎関節症の人に多い傾向のひとつです。
あと頭痛や肩こりも、顎関節症の人には多い。

いつものように背骨と骨盤を矯正していくのですが
あれ?思ったより顎に変化が出ません(汗)

これは顎そのものに問題があるパターンです。

顎に関連する筋肉はだいたい決まってます。
そこを絨毯爆撃。
これが、ほぐしちゃダメなんですよね。
効果が一時的です。

だから特別な方法を使います。
別に隠すわけじゃありませんが専門的なので割愛。
筋肉をゆるめる技法です。

関連する筋肉は顎周囲の筋肉と、首の筋肉と、頭の筋肉(こめかみ周辺)
この方も、この筋肉をやっつけたら効果が出ました。

背骨はとても重要ですが、やはり顎の関節生理学を理解した上で
施術しないと良い結果が得られないこともあります。

歯医者さんで良くならない顎関節症ならお気軽にご相談ください。


サービス事例