2011年07月18日

腰痛、ぎっくり腰がナゼか多いです。

最近では腰痛でいらっしゃる方が多いです。
ぎくっり腰も多いし、普通にヘルニアとか腰痛も多い。
なんでこんなに多いんでしょう?

ぎっくり腰は季節との因果関係もあり今はその季節じゃありません。
だからナゼ多いのかちょっと「?」です。

ちなみに多いのは季節の変わり目です。
暑かったり寒かったりと日によって温度が変わる季節です。
今はひたすら、ただひたすらに暑いだけ。
なのにナゼ増えるぎっくり腰!?

この季節の問題はあまり科学的なものではありません。
経験則的なものです。
でも僕だけの狭い経験ではなく多くの治療家が感じてる一般的な経験則。
だから信憑性はあると思います。

理屈をつければ仮説はたつのですがそれは割愛します。
専門的になりすぎて読む気しなくなっちゃうと思います(笑

そういえば以前、処方箋薬局勤務の方にこの話をしました。
最近これこれこういう理由でぎっくり腰が多いんですよ。って。
そしたら、あ、うちの薬局でもだから痛み止めとシップが多く出るんだ!って仰ってました。

でぇ、腰痛の人が多いのですが治療はシンプルに腰の骨を治します。
腰の曲がってるのを治して、前後にゆがんでるのも治します。
前後にもゆがむんですよ。体って。

たとえば後ろに丸くなってくるのは猫背です。
子育てママや女性にわりと多いのが腰が前にそってお腹つきだしてる状態。
この後ろに丸いのや、前にそり過ぎてるのが前後のゆがみです。

こいつも適切に治してあげないとなかなか良くなりません。
そしてこの前後のゆがみが、なかなか手間がかかります。
腰痛の時の一つの鍵になると思います。

腰痛で整体やカイロプラクティックをお考えでしたら参考にしてみてください。
自分でやれる簡単な体操も乗せてます。


サービス事例