うつ病・自律神経失調症

2011年12月07日

自律神経失調症による、イライラ、不安感の改善

自律神経失調症による、イライラ、不安感を
改善したい方がいらっしゃいました。

この方2週間前にストレスから会社を退職しており
現在は療養しながら、就職活動中です。

話を詳しく聞いてみると、会社での人間関係での
ストレスによって、今まで無かった強いイライラ感や
不安感が発症したようです。

早速、身体を検査していきます。
特に目立つ歪みが頭蓋骨、首の関節、背中の関節に見られます。

それに加えてもっとも気になるのがお腹の硬さです。
お腹と言っても具体的にいうと、横隔膜が固まっています。

この横隔膜、精神的ストレスと関係がとても深く、
特に腹が立つことを我慢していたりすると硬くなります。

結果的に、呼吸が苦しくなったり、みぞおちの痛み、
自律神経の乱れが慢性化するといった状態になります。

検査の結果を踏まえたうえで施術を行って行きます。

今日は主に頭蓋骨と横隔膜の調整を行いました。
まずは緊張状態である神経の高ぶった状態をリラックスモードに
変えたいくことが重要です。

活動の神経である、交感神経優位の状態から
休みの神経である、副交感神経が優位な状態にしていきます。

頭蓋骨を施術していくと、固まっていた頭皮が柔らかくなっていきます。
見た目にもおでこのシワがゆるみ、表情が柔らかくなっていきます。

つづきに横隔膜です。
お腹は普段あまり触られる事が無いため、緊張しやすいので
ゆっくりと弱い力から行って行きます。

だんだん硬かった横隔膜が柔らかくなると、呼吸がゆったりとなり
深くなってきます。

この二つを調整つするとだいぶリラックス状態になったため
全体的に筋肉も調整し終了しました。

その後、2回調整したところ、イライラや不安感がだいぶおさまってきたとの
報告を受け、とりあえずはこのまま改善していくと思われます。

自律神経失調症による、イライラ、不安感の改善もお気軽にご相談下さい。

fullspine at 17:35|Permalinkclip!

2011年07月13日

重度のうつ病と自律神経失調症

過去に重度のうつ病を患い、現在自律神経失調症で悩まれている
患者さんが来院されました。


うつ病と自律神経失調症の違いってあると思いますか?


うつ病と自律神経失調症。
病名としては違うものとして扱われます。

うつ病はれっきとした疾患名でお医者さんに診断された
上で確定します。


こういった状態だと、うつ病です。
と言うのが決まっています。


かたや自律神経失調症は、病名ではありません。
世間では一般的ですが、読んで字のごとしで、


自律神経が失調した状態です。

失調とは医学用語で、ある機能が調節を失うこと。


つまり

頭重感、首やノドの違和感、呼吸が苦しい、ふらつきなどの
症状で、検査しても問題が見つからない時は、


自律神経の機能が調整失っているのが原因で、


だから、

便宜上、自律神経失調症と言われているのです。


ちょっとわかりにくいかな?



で、
この方、4年ほど前に仕事のストレスで重度のうつ病を発症し、
現在うつ病の方は落ち着いているものの体の症状に苦しんでいます。


うつ病も自律神経失調症も似たような体の症状が出ます。
大きな違いは精神の状態ですね。


幸いにもこの方は、精神的な苦しさはあまりないそうで、
体の症状を問題としています。


実際に背骨や骨盤、筋肉の状態を検査すると、ゆがみと硬さが
かなりあります。


本日2回目の施術を行ったのですが、1回目の施術後は
あまり変化が見られませんでしたが、
2回目終了後には背骨の状態も良くなり、


「頭と首のがだいぶスッキリしました。」
とおっしゃっていました。


悪い状態で安定をしてしまっているので、あと何回かは調整が
必要だと思いますが、2回目から大きな変化が見られたので
順調に回復していくと思われます。


やはり自律神経失調症にはカイロプラクティックがとても有効だと
思います。
きっと、お役に立てると思います。

うつ病・自律神経失調症でお悩みの方は、お気軽にご相談下さいね。

fullspine at 06:50|Permalinkclip!

2011年06月22日

うつ病の症状・疲れが取れない

うつ病が再発したとの事で患者さんが来院されました。

4年ほどうつ病で悩まれているそうですが、
2ヶ月前頃は、調子が良かったそうです。

しかし、調子に乗ってしまい、休む間もなく活動をしていた
ところ、またうつ病を再発したようです。

うつ病の再発率はかなり高いと言われています。

特に薬で改善された方にみられます。

当院では、体や生活習慣の改善を行うことで
根本的な改善を目指しています。

今回の患者さんも初回来院時は、目があまり開いていない
状態で、フラフラしていらっしゃいました。

まずは検査をさせていただくと、首とお腹がガチガチの状態です。

こうなっていると、脳へ血液が行かないのと、充分な栄養が体に
反映されません。

背骨自体も硬く、歪んでいましたので、元気な姿勢にもなれず
呼吸も浅くなってしまいます。

早速、首とお腹。

そして全体的に背骨や骨盤、筋肉を調整させていただくと
丸くうつむき加減だった姿勢が伸び、胸がはれるような
状態まで行くことが出来ました。

ご本人も姿勢が変わったことで、表情も明るくなり、希望を
感じていただけたようです。

時間はかかるかもしれませんが、薬と違い副作用も無く、
うつ病の改善というよりも心身の根本改善が出来ると
思います。

うつ病・自律神経失調症でお悩みの方も
自律神経失調症・うつ病専門整体院の当院へお気軽にご連絡下さい。

fullspine at 00:19|Permalinkclip!

2011年04月06日

自律神経失調症で食欲が無く、手足が冷たい

自律神経失調症で食欲が無く、手足が冷たいが来院されました。

地震後から今まで感じたことが無い手足の冷えが始まり、
食欲がまったくなくなり、食べる事が出来なくなったそうです。

ここ一週間食べたものと言えば、おかゆだけ。

体重も一週間で2キロほど減ったそうです。

原因はやはり地震の影響が考えられます。

直接被害などは無かったですが、余震や被災地の
テレビ映像などで、脳が興奮し、自律神経の乱れが
出ています。

交感神経の過剰状態です。

自律神経は、交感神経(緊張の神経)と副交感神経(リラックスの神経)
が交互にシーソーの様にバランスを取って働いています。

胃液を出したり、止めたり

汗を出したり、止めたり

血管を広げたり、狭めたり

それが、自律神経のバランスが崩れる事によって
しっかりと働かなくなってしまったようです。

それに加え、交感神経が優位な状態ですと
からだのいろいろな所が緊張し、凝ってきます。

凝った筋肉は血管を圧迫し、血液の流れを悪くします。

現在の症状は、脳が常に緊張状態になる事で、
食欲が無くなっています。

なぜ脳が緊張状態だと食欲が無くなるのか?

緊張状態=交感神経=戦闘モード

戦闘モードだと、これから戦うためには食事を
している場合ではありません。

食事は不要な状態ですね。

だから食欲がわきません。

それに加え、戦う時は体を傷つけられる恐れがあります。

傷つけられても血がたくさん出ないように、血液の流れを
減らします。

結果、食欲が無くなり、手足が冷えます。

これを改善するためには

・ストレスを減らす
(今回の場合は、仕事の時間を減らしてもらいました)

・食事の改善
(脂肪分、お肉、砂糖、カフェインを止めてもらいました)

・整体による治療
  ・頭をほぐして脳の興奮を抑える。
  ・動かない内臓をほぐし、動くようにする。
  ・自律神経に効くツボを刺激する

などを行いました。

結果、3回目に来院した時にはほとんど改善されていました。

今回は処置が早かったのが良かったと思います。

これが、症状があるからと言って、薬を大量に飲んだり
仕事の量が減っていなかったり、食事を無理してしたり
していたら悪化して慢性化していたと思います。

慢性化する前に早めの改善がおすすめですね。

自律神経失調症で食欲が無く、手足が冷たい場合は、 気軽に白金台カイロプラクティックへご相談下さいね。

fullspine at 17:54|Permalinkclip!

2011年03月30日

自律神経失調症で、手足の冷えと下痢

突然一週間前から手足、体の冷えが始まり、
お腹の状態が悪くなり下痢をする様になった
という患者さんが来院されました。

丁度、震災の後からと言う事で、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)では無いかと
心配されていましたが、話を聞いてみると
発症する様な出来事はなさそうです。

まぁ、一ヶ月は様子を見ないと、PTSD
とは言えませんので、どちらにしても
様子を見る必要がありますね。

症状を聞いてみると、PTSDとは言わないまでも
強いストレスがかかった状態が続いたと思われます。

そのストレスによって、自律神経が乱れる事で
手足の血管や神経の流れが悪くなったりして
冷えが始まったのと
内臓の機能の低下がおき、下痢になったようです。

地震のストレスだけではなく、仕事も12時間連続の
デスクワークや、睡眠不足などもあり、生活習慣全般の
問題もあります。

施術は、内臓調整(お腹の整体)と背骨の調整を中心に
行いました。

一通り施術を行うと、体全体がゆるみ、内臓も柔らかく
なりました、

食事や、エクササイズなど、生活習慣全般のアドバイスを
プラスすることによって、早い回復が見られそうです。

自律神経失調症で冷えや下痢にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

fullspine at 23:43|Permalinkclip!

2011年02月23日

自律神経失調症やうつ病の改善には、4つのストレス対策が必要です。

あなたは、自律神経失調症やうつ病になる原因を
ストレスだと感じているはずです。

仕事が忙しい。

家事、育児で自分の時間が全然ない。

こんなに頑張っているのに、、、

友人が。。夫が。。上司が。。

誰もこの頑張りを認めてくれない。

そうこの精神的ストレスが

自律神経失調症やうつ病の原因だと普通は
考えます。

しかしストレスは精神的なストレスだけでは
無いのです。

体、心(脳)がストレスと感じるのは他にも
いろいろあります。

ストレス=精神的なもの

と考えてしまうと、

対策に限りが出来てしまいます。

精神的にが弱いからあなたは、

自律神経失調症やうつ病に

なったのでしょうか?

ここではストレスを4つに分けるとによって

実は精神的なストレスへの対処だけでは

不十分であり、確実な対策をするのに

あなたに知っておいて欲しいのです。

では4つのストレスとは何でしょう。

1つ目はもちろん「精神的ストレス」です。

人間関係や他にもあなたが「嫌だなぁ〜」
と思うこと全般です。

電車に乗るのが嫌い。ヘビが嫌い。

髪型が決まらない。などなどです。

2つ目は、「構造的ストレス」

これは、体の歪み(背骨や骨盤)や普段の姿勢

長時間のデスクワークなど、体に対してかかって

くるストレスになります。

肩こりや腰痛などでイライラしませんか?

構造的ストレスを受けても脳にストレスが

かかってくるのです。

3つ目は、「科学的ストレス」

かたよった食事などをしていると栄養素の過不足を
まねきます。

そしてある成分。

たとえばコーヒーなどに入っているカフェイン。

これは脳を興奮させ、緊張状態を作ります。

睡眠障害がおきたり、イライラしやすくなります。

他にも薬理効果で、筋肉を固くするなどがあります。

他にも糖分の取りすぎやたばこ、排気ガスなども

科学的ストレスとして、脳や神経にストレスを

与えます。

4つ目は、「温度、湿度のストレス」

暑すぎたり、寒すぎたり。

湿度が高かったり、低かったり。

こんなことでも脳はストレスを受けます。

暑いなぁ〜、寒いなぁ〜と言いながら

ちょっとイラッとした経験はありませんか?

寒くて湿度が低い空気でノドが痛かったり
咳き込んだりしませんか?

こんな事もストレスとしてあなたは感じているのです。

この4つのストレスに対して、

確実に対策をすることで

問題点がしっかり分かり

自律神経失調症やうつ病の改善が

見られます。

逆にこれを知らないでいると、対策が限られ
なかなか治らず、つらい期間が長くなり、
そして、治りにくくなるのです。


■あなたのストレスチェックをしてみよう

では、早速ご自分の問題点をチェックしてみましょう。

1つや2つではないはずです。

分類してチェックする事が改善へのスタートに
なります。

何を改善すれば良いのかが分かれば対策も
立てやすくなりますね。

それでは、まずは気軽にチェックスタート!

\鎖静ストレス
(人間関係など、心がつらいと感じる時)

構造的ストレス
(姿勢が悪い、長時間のデスクワーク、体の歪み)

2奮愿ストレス
(食事での栄養の過不足、タバコ、排気ガス)

げ硬戞湿度のストレス
(暑すぎる、寒すぎる 湿度が高い、低い)

今日は、あなたのストレスをしっかり洗い出して
問題を明確化してみました。

これで何を改善すれば良いのかが分かるはずです。

早速やってみてくださいね。


自律神経失調症・うつ病でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
港区の整体院 白金台カイロプラクティック

fullspine at 22:59|Permalinkclip!

サービス事例